新人

痔と言っても、痔には様々なタイプがあり、タイプによって病院で行う治療の方法も違ってきます。
痔は大きく分けて3つのタイプに分別されます。イボ痔、切れ痔、痔瘻の3つです。

イボ痔の中でも、さらに2つのタイプに分かれます。内痔核と外痔核です。
内痔核のイボ痔は、肛門の中にイボが出来る痔のことです。肛門を閉じる部分がうっ血して、内部でイボとなります。
内痔核は、痔の中で最も多い症状です。便秘の人が、排便するとき強くいきむことで起こりやすくなります。
女性の場合は、妊娠や出産によって内痔核となる人もいます。

内痔核の特徴は、痛みがほとんど無いことです。そのため、肛門から出血しない限り気づくことが無い場合が多いです。
内痔核が肛門から出てくる場合は、異物感を感じる事があります。でも、肛門から出てきても、排便が終わると中に戻ることが多いです。
進行してくると、常に内痔核が肛門の外に飛び出すようになります。指で押せば中に戻りますが、更に悪化すれば指で押しても戻らなくなります。
指を使わないと戻らない状態になる前に、病院へ行き専門の治療を施してもらいましょう。

イボ痔のもう一つの症状は、外痔核です。外痔核は肛門の外にイボが出来る症状です。血栓性外痔核というのが正式名称となっています。
アルコールのとり過ぎや、辛いものが好きな人、長時間歩き回る作業を行う人などが起こしやすい痔です。
出血が少ないのが特徴ですが、外に出来るものなので、腫れたり激しい痛みを感じる場合もあります。

切れ痔は肛門の皮膚が切れたり腫れたりする症状です。便秘などで、固い便を排便しようとした時に肛門が切れます。
便秘にかぎらず、下痢の場合でも切れ時になるケースがあります。慢性的な下痢の場合、肛門が炎症を起こしやすくなり、それが原因で切れたり避けたりします。
切れ痔の特徴は、排便時に激しい痛みを感じることです。また、皮膚が切れるので出血も伴います。
排便が終わった後も、しばらく痛みが続くこともあります。
肛門が裂けることが繰り返されると、ポリープができやすくなり、肛門が狭くなってくる肛門狭窄を引き起こす場合があります。

痔瘻は、痔の中でいちばん重い症状です。肛門の中で膿ができて、溜まった膿がそのうち皮膚を破って外に出てきます。
肛門周辺が腫れて痛み、発熱を起こすこともあります。また、下着が汚れてしまうのでとても気苦労の多い症状です。
痔瘻になると自力で治療をすることはできず、病院での手術でしか治療ができません。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
BACK TO TOP